▲home

MMORPGの体験版プレイ日記・・・までは書けなかったので感想など。


BelleIsle
発売日:2006年5月5日 発売元:ELEVEN-UP 公式サイト:http://www.belle-isle.jp/
 「ベルアイル」。現在の大幅リニューアル前にGFNとオープンベータに参加しました。結婚して子供が出来たり、魔法を使う際には実際に魔法名を入力するなど、MMOでは一風変わったシステムが導入されていました。日記を書ける内容分のプレイと画像を撮影したはずなのに、画像を紛失? とほほ。(;´Д`)
 これは再プレイしています。
DARK EYES
発売日:1999年2月24日 発売元:ネクステック サービス終了:2002年5月15日
 「ダークアイズ」。巨大な山脈に大陸を二分されているフェアホープを舞台に、それぞれ「インファン」「オーガル」と呼ばれる種族がそれぞれ国家を形成していたが、そのフェアホープに「シャドーチーフ」と呼ばれるモンスターが侵略を始めた。三つ巴の戦争がはじまる!
 というようなストーリーの国産MMORPGです。DIABLOチックかつ2つの国家に分かれての戦争ということで、非常に期待されていたのですが、あまりにお粗末なサポートにより自滅したとゆーか、なんとゆーか。公式サイトにサポート掲示板があったのですが、あの荒れようったらなかったですw
 オレはGFN氏と「ミレニアム2000」の無料体験版をプレイしました。今で言うクリックゲーで、生産や採取なんかも可能でした。面白いのが他種族とのコミニュケーション方法で、最初は謎なフォントが表示され会話が出来ないのですが、回数を重ねるうちにだんだんと分かる様になるシステムでした。GFNと遊んでる時に、ちょうど他種族が攻めてきてて、やってやろうと思ったのですが攻撃不可能エリアにギリギリ逃げ込んだりしていて「このチキン野郎!」と言葉が通じないと思って言いまくってたら「すいません^^;」みたいな感じで、全部通じてたとゆーこともありました。チャット時には頭上にテキストが表示されるタイプでしたが、サイズや色を調整できるのが面白かったです。
 ぐだぐだになりながら、韓国でもサービス開始してみたり、GBAでシミュレーション出してみたりしてましたが、結局はサービス終了となってしまいました。

Elancia
発売日:2001年3月1日 発売元:ネクソン サービス終了:2006年5月31日
 「エランシア」。東洋ファンタジーなグラフィックに、西洋ファンタジーな世界観を持った2DグラフィックMMORPG。韓国産のローカライズされたものです。。メインストーリーを持ちながらも、釣りや料理、細工に裁縫など自由度が高い部分もある。作成したキャラクターはどのサーバーにも参加することが可能で、サーバーごとに特色があったりしていた。
 同じ時期にネクソンでサービスを開始していた「風の王国」「闇の伝説」と似たようなグラフィック、いいからゲームを遊ばせて! な絶対やらんければならないチュートリアルが苦痛だった・・・というか、もう、記憶に残らないくらい印象の薄いゲームだった・・・。作成されたばかりのキャラ達が、ぱんつ1ちょうで走り回ってる姿は良かったw

GODIUS
発売日:2000年1月1日 発売元:サクセス 公式サイト:http://www.gamespace24.net/godius/
 「ガディウス」。中世ヨーロッパ世界をベースとした剣と魔法のファンタジー2DグラフィックMMORPG。韓国産のローカライズされたものです。。戦争状態にあるタペリ、ベルクのどちらかの国家に所属し対人戦闘を楽しめる。対人戦闘が嫌な人のために、対人戦闘不可なサーバーも用意されている。9つのクラスから2クラスを選択してキャラクターを作成する。生産もあり。
 街中でPKされたりニュービーゾーン(作られたばかりのキャラの狩場)なのに恐ろしく強いモンスター出たりと侮れないゲームだった。あと走れないのが、かなり衝撃的。殺されるわ移動がだるいわで、1時間かからずに止めてしまった・・・画像を撮ったハズなのに、残ってないのは何故だろう?  (´・ω・`)

LIFE STORM
発売日:1998年2月 発売元:システムサプライ サービス終了:2002年5月15日
 「ライフストーム」。国産初のMMORPG。当時はMUD(マルチユーザーダンジョン)ゲームということで紹介してました。既にUOを遊んではいたんだけど、英語わかんねとラグの酷さに逃げるように購入しました。基本的に7つのパラメーター(HP、MP、STR、DEX、DEF、RESIST FIRE・MAGIC)を振り分けてキャラクターを作成します。魔法はGEM(宝石)を並べることで作成しました。チャットにひらがなしか使えないのは割りと不便だったけど、レベルに関係なく強力な装備を最初から身につけることが出来たり、トレード・ウィンドウとかなかったので、商品を床に置いての売買だったり、死んで生き返る場所で連続PKされたりと、面白い思い出もいっぱいですw 2も発売され(未プレイ)チャットは普通に出来るようになったり船があったりしました。復活の話もあったけれど、流れちゃったかな? オフラインで遊べるのも特徴のひとつ(今でも起動します)。3Dモデリングされた3頭身キャラでDIABLOな感じで遊べて楽しかったデス! Windows95のみサポートとか、時代を感じるのぅ。 ( ´ー`)y-~~
 ライフストーム写真館みたいな感じで画像とかけっこう載せてたんだけど、流石にバックアップはとってなかったっぽい。残念! 封印された箱(?)からFDDを見つけて全部チェックしてみたんだけれど、下の画像しかなかったw 公式サイトさんからパッチデータを置かせてもらえませんかね、とメールが来たりしてたんですよ。今考えるとスゴイよなぁw




Maginobi
発売日:2005年4月25日 発売元:ネクソン 公式サイト:http://www.mabinogi.jp/
 「マビノギ」。オープンベータ時にGFN氏とそれなりに(半日くらい)プレイしたのに、画像がほとんど撮れてなくてショックだった。これは再プレイしています。







Majesty
発売日:1999年5月 発売元:ジークレスト サービス終了:2002年5月15日
 「マジェスティ」。2DタイプのファンタジーMMORPG。韓国産のローカライズされたものです。。ディアブロを意識しまくったグラフィックでしたが、PKありクランあり、家ありと当時としては遊ぶのには十分なシステムが用意されていたと思います。レベル50までは無料で遊べるとのことで、永遠に無料なんじゃないかと思っていたら、レベル1000のプレイヤーとかいてGFNと「これは無理」と思ったものです。チャットゲームとしても有名でした。50に到達する前に止めてしまったので・・・あまり深い思い入れがありませんw

RAGNAROK Online
発売日:2002年12月1日 発売元:ガンホー 公式サイト:http://www.ragnarokonline.jp/
 「ラグナロク オンライン」。2DタイプのファンタジーMMORPG。韓国産のローカライズされたものです。これまでと違って可愛らしいデザインで、なんでも女性に人気があったとか。オープンベータ時にGFNと一緒にチャレンジしてみたのですが、同じ狩場で聖剣伝説2で見たことあるような敵をずーっと倒し続けてレベルを上げるのが苦痛でした。あとレベルが上がらないと座ったり、パーティ組んだり出来ないとか意味が分からんかったです。頭に花を咲かせたかったのですが、もう、全然、そんなところに行き着く前に挫折です。最初のクラスチェンジで、隣の町まで移動する必要があって、めんどくせー! となって、そのままサヨナラしましたw

RAYNEGARD
発売日:2000年10月 発売元:カプコン サービス終了:2001年12月31日
 「レインガルド」。国産としては初となる3DタイプのファンタジーMMORPG。平穏だったレインガルド大陸に群発地震、獰猛な怪物、住人の失踪、そして都市までが消失してしまう異変が起こり始めた。その謎を解き明かすため、観光するためにプレイヤーは旅立つ・・・といったようなストーリーでした。確か。この「レインガルド」には他のMMORPGにはないシステムが取り込まれてました。まずゲーム内の時間とリアルの時間がリンクしてます。つまり、平日サラリーマンは常に夜の冒険! さらに3ヶ月でストーリーは完結しキャラクターをまた育てなおすという、RPGではタブーとも思える機能を実装していたのです。クリックゲーですが、必殺技があったり、武器は鉱物から作成したり、PKシステムでランキングとかあったり、全体地図が大きかったり、チャットがウィンドウに隠れてたり重なったりで読めなかったり、まぁ楽しかった・・・かな? 何回かに分けて行われたクローズテストの最後に参加出来たことがあって、なんと製品版のクレジットに名前を載せて頂きました。そのためだけに、サービス終了2週間前くらいに購入してみましたw で、その画像が下記のもの。GFNの名前が、ローマ字不可だったのかどうか分からないけれど「ジーエフエヌ」とカタカナ表記になってるのが面白いです。最初に見たときに「あれ、どこどこ?」と探しました。ちなみにオレはHNの姫由智邪です。



R.Y.L 2 〜Risk Your Life 2〜
発売日:− 発売元:アトラス サービス終了:2006年3月27日 公式サイト:http://www.ryl.jp/ 公式サイト〔英語〕:http://www.ryl2.com.my/
 韓国産のローカライズされたファンタジーMMORPG。クローズベータテストの権利を得てプレイしました。前作が好きで、その続編ということで期待してたのですが、その時期、過剰なダイエットで軽〜く鬱っぽくなって(苦笑)何もやる気でねぇ〜な状態になってしまい(それから毎日更新もしなくなっちゃったなぁ)キャラクター作成だけで終ったってしまったというダメなテストプレイヤー。
 スピード感のある戦闘や、グラフィックデザイン、PvPゾーンなど個人的に楽しめる要素がたくさんありました。いざ、日本で正式サービスを開始するという話になり、テストが終わった後に「採算が取れなさそうだから」という理由でサービス開始には至らず・・・せっかくローカライズされたのにもったいない! いつか陽の目を見れるといいなと思いつつ、やはり日本ではリアル系のグラッフィクは大多数のゲーマーにはウケが悪いんだろうなぁとも思いました。
















Ryzom
発売日:2004年9月20日 発売元:Nevrax 公式サイト〔英語〕:http://www.ryzom.com
 フランス製の3DファンタジーMMORPG。星から巨大な木が生え(根に星がある、という表現の方が正しいか)その枝先で人々が暮らしている、本当に「ファンタジー」な世界設定です。キャラクターは4種族から選択し、Actionと呼ばれる基本クラスみたいなのを3つ組み合わせて最終的なクラスが決定します。スキルに関する行動により関連値が上昇するスキル系のシステムです。どっかの映画で見たような感じの種族が最大の特徴でしょうか? 少しSFも入り混じって(人類滅亡後の世界らしい)います。グラフィックもそこそこ綺麗で、物珍しさもあってGFNとチャレンジしたのですが、まーまー重い重い! ラグが尋常じゃなかった記憶があります(ワープ、止まった後に高速移動)。半日くらい遊んでみて、画像も撮ったのですが、何故かキャラメイクまでしか残ってなかったです。
 その後、数多のMMORPGの並に飲まれてしまい、その影を潜めてしまいましたが拡張パックが出たり、無期限のフリートライアルが可能だったりしています。












Shadow Bane
発売日:2003年6月27日 発売元:ライブドア サービス終了:2004年8月1日 公式サイト〔英語〕:http://chronicle.ubi.com/
 「シャドウベイン」。その歴史は実は古く、2000年の初め頃に発表された3DファンタジーMMORPGです。発売までに3年を要し、それまでに様々なMMORPGが発売されグラフィックも進化し、時代に取り残されてしまいましたw 発表当時からプレイヤー主体のMMOとして、そのシステムは注目されていました。基本的にどこでも対人戦が可能で、プレイヤーによって街を運営することが可能でした。種族も多様で、これまではモンスターとしか扱われないような種族もプレイヤー種族として選択できました。特定の種族は、サーバー上で人数制限されたりと、いろいろと野心的な作品でした。
 遅れること数ヶ月で、なんと日本語ローカライズされ、運営が開始されました。この時にオープンベータを行っており、この時にGFNをはじめMMOギルドのメンバーでプレイしました。しかし、3年もの期待が大きく育ちすぎたのか、実際にプレイしてみると韓国MMORPGのような操作感にグラフィック・・・これにはかなり失望した記憶がありますw 正式サービス開始後も継続した仲間もいましたが、オレとGFNは早々に撤退してしまいました。
 日本語版サービス開始1年たらずで、サービスは中止となりました。ちょっと複雑なのですが、シャドウベインの運営をアジア各国で行う権利を持っていた香港の会社が経営上の破綻を受けての止む得ない中止となりました。その後、Ubisoft社はプレイ料金を無料化し、開発スタジオを閉鎖してしまいました。一応、まだプレイは可能のようです。
 密かに専用コンテンツも用意してただけに残念です。オープンベータ中に画像もそれなりに撮ったのに、行方不明です。どなたか知りませんか?  (´・ω・`)

闇の伝説
発売日:2001年9月4日 発売元:ネクソン サービス終了:2005年11月30日
 中世ヨーロッパをイメージした剣と魔法のファンタジー2DMMORPG。韓国産のローカライズされた作品です。キャラクターはレベル3までは平民でそこから聖職者、魔術師、義賊、戦士、武道家のクラスへ習熟し、レベル99から転職やさらに昇級することができます。「エランシア」と違ってメインのストーリーが存在せず、プレイヤーの意思で自由に世界を楽しむことが出来ます。ぱんつ1枚、SFCなグラフィック、4方向にしか移動できない、クリックと何ら変わりの無いスペース押しの攻撃、感情のアイコン表現・・・ネクソンMMORPGの定番とも言えるシステムでした。あまりに移動が遅かったのか、ラグがひどかったのかクラスになるまではプレイしたと思うのですが、記憶が曖昧・・・GFNは覚えているだろうか?w

風の王国
発売日:2000年7月22日 発売元:ネクソン サービス終了:2005年11月30日
 同名の韓国漫画が原作のローカライズされた2DMMORPGです。初めてオープンベータに参加したMMORPGで、確かGFNは初めて遊んだMMORPGです(それまでも誘っていたが、金かかるというので躊躇してたので、コレなら無料だからやってみない? と、まんまと罠にハメた記憶が!)。まだオープンベータという名称が一般的ではなく、ログインしても、サーバーにオレとGFNだけ! とか10人いない! とか良くありました。未訳、バグなどがけっこうあって、報告掲示板に良く書き込みをしました。ある日、初めてと思われるキャラクターが2人いたので、挨拶してみたらゲームマスターと(当時の)代表取締り役さんでしたw (しかもサーバーにオレとGFNとその2人しかいなかった)正式サービス後の料金とかどれくらいがいいですかねとか話をしたことを覚えてますw
 そんな感じで、初めてのベータテストということもあって、けっこう親身に遊びました。操作はもっさり4方向移動、スペースキー攻撃というシンプルなものでしたが、何せ初めての操作方法でしたし、それなりに楽しかったです。最初のダンジョン(?)で、敵のリスを倒すとどんぐりを落とすので、それをヒョイヒョイと拾いまくるのも楽しかったですw
 初めてのベータテストMMORPGということで、いろいろと感慨深いゲームでした。






*日記の画像、名前は基本的に映っている本人に許可なく掲載しています。止めて欲しいというかたはお手数ですがメールでご一報頂ければと思います。
*日記の内容に関して誤字・脱字・文法不可解など、ツッコミどころ満載かと思いますが、なんとかノリで読んでいただければと思います(汗
*当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。