グリムカンパニー

カエルの王子様

むかしむかし、わるい魔女によってカエルの姿にされた王子がおりました。

命からがら、となりの国まで逃げのびたものの、元の姿に戻る方法は…

解説

グリム童話では初版から最終7版まで一貫して巻頭を飾る、グリム童話の代表とも言える お話ですが、原作「カエルの王様」は、現代の日本の感覚では、あまり教育的でない 部分があり、子どもに読み聞かせづらい話でもありました。

グリムカンパニーの「カエルの王子様」は話の大筋はそのままに、 登場人物の自己中心的な振る舞いや残酷な描写などを払拭し、 子どもが観ても安心なお話として仕上げました。

みどころ

最初は比較的スタンダードな人形劇ですが、中盤以降、お客様も一緒に 参加するシーンが複数あり、飽きのこない演出となっています。

長くグリムカンパニー作品をご覧になって下さってる方には、なつかしい出演も。

作品データ

キャスト
王子様
家来
須加 まゆみ
お姫様飯澤 満穂
王様丹羽 崇
スタッフ
脚色・演出丹羽 崇
美術藤村 容子
作曲・音響丹羽 崇
コンパクトフル
原作グリム童話「カエルの王様、あるいは鉄のハインリヒ」7版
(「かえると金のまり」と題されている場合もあり)
上演時間3景 約15分5景 約25分
仕込時間約60分約120分
上演人数3名
対象年齢3歳〜5歳くらい3歳〜ファミリー向け
ステージ変形けこみ芝居/最小幅3.5m×奥行1.5m 2段けこみ芝居/最小幅3.5m×奥行2.5m
電源 部屋の明かりを使う場合は音響0.3kwのみ
照明を使う場合はフルに準じる
最大 照明1.5kw+音響0.3kw使用
照明1kw または音響電源のみでも可
公演時期2017年〜2018年 2019年〜公演依頼受付中

当初、フルバージョンの大きい子向けと、短くシンプルなお話にした小さい子向けの、 2バージョンを製作しましたが、「公演予定がどちらのものなのか わかりづらい」 「小さい子でもフルバージョンの方が楽しめてていた」などのご意見が寄せられ、 検討した結果、現在は、お話の構成はフルバージョンに統一し、年齢層にあわせた 演出や言葉づかいで公演をおこなっています。

公演のポイント

グリムカンパニーで、いちばん小さな舞台サイズでできる作品。これまで あかずきんちゃん でもスペースが足りず 公演できなかった所でも公演できるように、フレキシブルな舞台にしました。

オオカミやオバケなどは登場しないため、こわがりさんでも大丈夫。 魔女の家に行くシーンはありますが、魔女は登場しません。 こわいとしたら、魔女の家の小物等の雰囲気と、カエルが しゃべったりする程度。

お客様が劇に参加する要素があることで、テレビや映画など、 みるだけの作品とは ちがう楽しみを提供します。 また、お客様の選択しだいで、お話が一部かわる事があります。
なお、新型コロナウイルス対策などで、お客様に声を出してほしくない場合は、 代替演出をいたします。ご相談下さい。

1ステージが25分では短いという場合は、前にパネルシアター等 短編作品作を入れることで時間を調整できます。